JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【2度目の優勝報告は、愛しい家族へ】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
首位を走る飯田と3打差の2位タイで最終ラウンドをスタートした田中政佳(北六甲)。「逃げるより追いかける立場のほうが、きっと有利」と思いながら1番ホールをティーオフしたという。しかし、いきなり飯田が1番でバーディを奪って2人の差は4ストロークに。2番では、飯田がダブルボギーを叩いたのに、田中自らもティーショットを左にミスしてボギー。3番ではお互いバーディを奪って、2人の差は、なかなか縮まらず後半のプレーに入った。

先に動いたのは、首位をいく飯田。10番でセカンドショットを約1メートルにつけて田中との差を4ストロークとする。その後、両者ともパーを重ねて迎えた12番(パー5)。優勝を争う2人は
、フェアウェイからの2打目でグリーンを狙う。田中が「フォローの風、左側のハザード…絶対に左には行かせたくなかった」とグリーン右バンカーの間のラフに打ち込むと、飯田は、ピン方向を積極的に狙う攻めのショットでグリーン左奥のカラーに運ぶ。先にアプローチを打った田中がボギーを叩いたのに対して、飯田は難なくパーセーブ。ここで2人の差はこの日最大となる5打まで広がった。

しかし、田中は諦めることはなかったという。「徐々に風が吹き始めてきていたし、守りに入るのは難しい。飯田さんは崩れる要素はなかったけれど、チャンスはきっと来る」そう思っていた田中に、追い風が吹き始める。ここまで完璧なプレーを見せていた飯田が、優勝争いのプレッシャーからか突如スウィングを乱し始める。飯田が13番でボギーを叩くと、14番ではトリプルボギー。一方の田中は、同じ14番で95ヤードのセカンドショットをサンドウェッジで2メートルにつけてバーディを奪い、両者は通算3アンダーパーで首位タイに並んだのだ。15番(パー3)、グリーン手前の池を嫌がった田中がティーショットをグリーン右に外してパーとしたのに対し、飯田がバーディを奪い返して、再び飯田が1ストロークのリードを奪う。そして迎えた17番。田中は、このホールを「勝負どころ」と読んでいた。「18番でバーディを奪えるか?パーセーブするのさえ難しい。ここでバーディを奪って飯田さんにプレッシャーをかけられれば…」と気合を込めたティーショットはフェアウェイの真ん中に。セカンドショットも完璧な放物線を描いて、ピンまで2.5メートルにつけて、思惑通りバーディを奪う。最終18番。田中の読みは当たった。オナーの田中がティーショットをフェアウェイ右サイドに運んだのに対して、飯田が左のハザードに打ち込み万事休す。この時点で田中の2度目の優勝が確実となった。

初の日本タイトルとなった2006年の日本ミッドアマは、JFE瀬戸内海GC。奇しくも今年と同じ岡山県での開催だった。「自分では気がついていなかったのだけど、みんなにそれを言われて…やっぱり岡山県はゲンがいいんですかね」と笑う田中。実は、この優勝の前日、もうひとつ嬉しいことがあった。「昨日、2人目の子供が産まれたんです。」 新しい生命と、優勝杯。2つの大事なものを手に入れた田中は、幸福感と充実感で満たされていた。「2006年大会で優勝できた年は、結婚した年なんです。今年は子供が産まれて…それも2度とも岡山県でしょ?岡山県は、忘れられない県になりました」と満面の笑み。日本ミッドアマ初優勝の翌年には関西ミッドアマ優勝。「1度目の優勝では自信を得ました。だから、翌年の関西ミッドアマで勝てたと思う」

そう語る田中が2度目の優勝で得たものは何か?「来年の日本アマは地元の奈良国際です。さらにミッドアマも関西の鳴尾ゴルフ倶楽部。地元で全国大会が2つあって、どちらも出場できるのは嬉しいことです。日本アマではベスト4、ミッドアマは連覇。それに沖縄で日本オープンも開催されますよね?そこでも予選を通って、ローアマチュアを獲りたい」2度目の優勝で得たのは、広がる夢と勝利への強い欲求かもしれない。しかし、まずは我が家に帰って、愛しい家族に優勝の報告をして、第二子の名前を考えるのが先になる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約