JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【前半スタートの22組がプレー終了。比嘉真美子と村田理沙が-4でトップに】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
村田理沙
比嘉真美子
2012年度(第54回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技の第1ラウンド。前半スタートの22組のプレーが終了し、前年度優勝者の比嘉真美子(カヌチャG)と、村田理沙(オムリンピックCC))が4アンダーパーの70をマークして、首位タイに並んでいる。

今大会優勝候補の最右翼となる比嘉は、4バーディ、ノーボギーの完璧なプレー。村田理沙も5バーディ1ボギーの安定したプレーで好スタートを切った。

1打差の3位には、春の高校選手権を制した永峰咲希が、比嘉同様にノーボギーのプレーで3アンダーで続く。

午前のスタートは、台風の影響で強雨が予想されたが、風も雨も持ちこたえ、各選手6ホールあるパ
永峰咲希
ー5でスコアを伸ばし好スコアにつなげた。
11時00分からスタートした後半では、JGA女子ナショナルチームで地元愛知出身の鬼頭桜(美濃加茂高校3年)、九州女子アマ優勝の勝みなみ(鹿児島高牧CC)、全国中学校優勝者森田遥(坂出CC)ら強豪が名を連ねている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約