JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
荒天をものともせず…松原由美がトップタイ
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:JGA
台風4号の影響は、午後になるほど大きくなった。強風に横殴りの雨。クラブハウスでは「後半スタートの選手たちは、ちょっと気の毒な条件になった」という見方で一致していた。案の定、後半スタートの選手たちはスコアメイクに苦しみ、アンダーパーでのホールアウトはわずか2選手だけだった。

そのひとり、中学2年生の松原由美が、なんと4アンダーの70をマークして驚かせた。今大会では、中学2年生が最年少学年出場で松原と、九州アマ・チャンピオンの勝みなみ。その松原が16番ホールまで5バーディー、ノーボギーの5アンダーで、この時点では単独首位に立っていたのだ。3か月前から使い始めた長尺パターが威力を発揮した。風の
中では長尺タイプは不利との通説も吹き飛ばして次々とバーディーチャンスを決めていった。

惜しかったのは最終18番パー5だった。ティーショットが雨でグリップが滑り、右林の中に打ち込んだ。そこからは脱出するだけ。第3打もグリーンまでたっぷりと距離が残ってしまい、ボギーもやむない流れになってしまった。

「こんなスコアがでるなんて、まぐれですよ」こういって松原は照れた。長尺パター効果は、同じ4アンダーでトップに並んだ村田の27パットの上をゆく24パットという数字が物語っている。小学5年生で初出場して、今大会で4年連続となった。初出場当時より身長は10センチ伸びて163センチ、200ヤードそこそこだったドライバーの飛距離は250ヤードにまで伸びた。

昨年は、1ストローク足りずにマッチプレーに進めなかった。だから、今大会は、まずベスト32にまで進むことが目標だったという。

「きょうのことは忘れて、あしたから初日のつもりでマイペースでやりたい」。趣味は「学校にいくことです」という松原。「だから、学校を休まなければいけない平日の競技はいやなんですけど、がんばります」




その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約