JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
地元の鬼頭桜、松田唯里はプレーの内容にガッカリ
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:JGA
鬼頭桜
ナショナルチームのメンバーで今大会シード選手でもある鬼頭桜、松田唯里は、ホールアウト後にちょっと肩を落としていた。鬼頭は、今大会会場の愛知カンツリー倶楽部でラウンドする機会が多く、いわばホームコースでの戦い。自分への期待も大きかったようで、2オーバーの76では、とうてい納得できなかったのだろう。「2ボギーで、バーディーはひとつもなし、ですから…。パットが悪すぎました。1メートルでも入る気がしなくなって…」

松田はイーブンパーの74。大荒れの天気の中では、まずまずの結果だったのだが、それでも「パッティングでストロークしようとして風で体が揺れてしまって集中できませんでした。ゴルフとしては、悪
松田唯里
くなかったと思いますが、結果がともなわなくて…」

ともに条件が悪くなった後半のスタートだったことと無関係ではあるまい。第2ラウンドは、台風一過でスコアも大きく挽回…を願っている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約