JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
連覇を目指す比嘉真美子が初のメダリスト
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi / JGA
連覇を狙う比嘉真美子が、2日目も順調にスコアを伸ばして2日間10アンダーでメダリストになるとともにマッチプレー進出を決めた。比嘉にとっては、初のメダリストなのだが、この件に関しては、意外にそっけない反応だった。第一の目標が連覇であることを考えれば、ここまでの2日間は、通過点でしかないのであろう。

「それよりも…」と比嘉は話題を転じた。「この2日間では、自分に別のテーマを与えていました。それは、ノーボギーのラウンドです。マッチプレーからが本当の戦いだと思っているので、そこに向けていいスタートを切れるように準備することを心掛けたことからくるテーマでした」

そのテーマはクリアした。2日間
で10バーディー。それが、そのままスコアとなった。でも、比嘉は納得していなかった。それというのも、この2日間のゴルフの内容が違い過ぎていたからだ。

「第1日はショットがよくて、パッティングはそこそこ…というゴルフでした。きょうも、同じゴルフなら安定しているといえるのでしょうが、実際はショットが悪くて、ティーショットが曲がりっぱなしでした。パッティングに助けられての6アンダーです。どちらが自分のゴルフなのかわからない。それが、ちょっと不満なんです」

自分のプレースタイルの確立。今シーズン取り組んできた大きなテーマのひとつだった。だが、2日間異なるプレースタイルであってもビッグスコアを叩き出せたことにプレースタイルの幅が広がったというとらえ方もできる。

「2日間のプレーをもう一度振り返ってみます。その後は、体も心も休めて明日からの戦いに備えます」

昨年は2日間のストロークプレーでは目立たないように、マッチプレーで爆発していくという戦略で臨み、実際にマッチプレーでは圧倒的強さで勝ち抜けていった。今年は、最初から目立つポジションにいる。ひょっとすると、藤本麻子(2009年大会)以来のメダリスト&優勝という完全制覇を狙っているのだろうか。




その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約