JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
松原由美が1打差の2位で初のマッチプレー進出
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi / JGA
トップタイでインからスタートした中学2年生の松原由美は、いきなり3パットでボギー発進となった。それもファーストパットを2メートルもショートさせての3パットだった。普通なら、ちょっと動揺するところなのだろうが、松原は違っていた。

「きのうが24パットとできすぎだったから、スタートで3パットしてもまだお釣りがくるぐらい。ま、いいか…と気持ちを切り替えるまでのこともありませんでした」

続く11番でもファーストパットを1・5メートルほどショートさせたが、今度はきちんと決めてパーをセーブした。ここからは、次々にバーディーパットを決めていった。12番3メートル、13番8メートル、16番1メート
ル。アウトにターンしてからも1、2番でそれぞれ2メートル、5メートルを沈めて連続バーディー。最終ホールとなった9番パー5も3メートルを決めるバーディーで締めくくり、前日の70を上回る69をマークして2日間通算で9アンダーまでスコアを伸ばした。

「2日間トータルでは自己ベストスコアです。だから、できすぎなんです」

ことし、特に意識して練習してきたことがある。プロトーナメントのサントリーレディスにマンデーから挑戦しトップタイで本戦出場を果たした。ここで苦しめられたのがラフからのショットだった。「うまく打てないし、グリーンに乗せられませんでした。これは、自分の弱点だと思って、ちょっとカット気味にクラブヘッドを抜いてボールが上がるようにする練習をしました」

その効果が、今大会に現れた。ラフからのショットもグリーンに乗せられただけでなく、ピン近くに寄せられるようになっていた。2日間で11バーディーの量産は、好調なパッティングだけではなく、ショットでたくさんのチャンスを作り出せた結果である。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約