JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
13選手でマッチ進出への5つの座を目指したプレーオフ
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi / JGA
決着は4ホールまでもつれた
129選手(棄権1)がホールアウトして、通算1オーバーの149が23位タイ。この後が大混戦となっていた。2オーバーの150は28位タイで、ずらっと13選手が並んでいた。マッチプレーに進めるのは32選手。ということは、13選手のうち5人が、その権利をつかむということになる。

1、9番ホールを使ってのプレーオフは13選手が3組に分かれて始まった。最初のホールでバーディーを奪ったのは萩桃江、田口晴美、松森彩夏の3選手で、まず、この3人が勝ち上がった。残る10選手が進んだプレーオフの2ホール目。ここでは、三ケ島かな、鴻上ほのか、小祝さくら3選手がバーディーを決めて、今度は、この3選手で残り2つの
松森杏佳
進出枠を巡っての戦いとなった。3ホール目は全員パーで決着せず、4ホール目に三ケ島、鴻上がバーディーパットを沈めて、過酷な生き残りレースが終わった。

プレーオフに残った13人の中に、同じ姓の選手がいた。松森彩夏と松森杏佳。二人は日大高校の3年生と2年生という姉妹であった。結果は姉の彩夏が最初のホールで勝ち残り、妹の杏佳は2ホールともパーで脱落した。姉妹での争いまであった厳しいプレーオフであった

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約