JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【ナショナルチームメンバー同士の対戦に敗れてベスト16に終わった大城】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
昨年大会でメダリストに輝いた大城美南海(守礼)。本選手権では、10位タイでマッチプレー進出を決め、1回戦で伊藤栞奈(千葉国際)を1upの辛勝で2回戦に駒を進めた。

ベスト8を賭けた戦いはJGA女子ナショナルチームメンバー同士の対決となる堀琴音(兵庫県連盟)。熱戦が期待されたこの試合、2人の差は2upと僅差で推移したが、大城は一度もリードを奪うことが出来ず、完敗に終わった。3番で3パットのミスから堀にリードを許すと、大城はその後もパッティングに精細を欠く。「5番ホールで2メートルのチャンスを決め切れなくて…」流れを掴み損ねた大城は、10番で1メートルのバーディを決めてオールスクウェアに戻し
ても、波に乗れないまま14番でティーショットを右にミスして堀に再びリードを奪われ、2and1で敗れた。「14番のミス。悔いが残ります。女子アマが始まる前は自分の調子も悪くなかったのに、いざ本番になるとショットが乱れて…どうしてでしょう?今は、まだその原因を掴めることは出来ません」と、悔し涙にくれていた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約