JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【地元の期待を集めた松田は2回戦で敗退】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi / JGA
愛知カンツリー倶楽部の地元中部地区から日本女子アマ出場を果たし、期待を集めていた松田唯里(芦原)。ストロークプレーを23位タイで通過し、1回戦の相手は強豪、城間絵梨(福岡レイクサイド)となった。「自分では準決勝のつもりで戦った」という1回戦で、松田は脅威の粘りを見せた。

16番を終えて城間に2downを喫し、崖っぷちに立たされた松田は、17、18番を連続で奪い、エキストラホールに持ち込み大逆転劇を演じて2回戦進出を決めた。その2回戦は、篠原真里亜(湯布院)との対戦。「正直、1回戦の城間さんは、先輩でもあるし、挑戦者の気持ちで戦うことが出来たので、気持ち的には楽だった。でも、篠原さんは凄い
選手だと知っていたけれど、年下だし、自分が迎え撃つという立場になってしまうような感じもあって、難しい相手だった」と振り返るとおり、前半で3downのリードを奪われてしまう。

「前半はパットも決まらない上に、雨も強くなって集中力を欠いてしまった」と悔やむ松田。それでも、15番のパーセーブで2downに戻すと、16番でバーディを決めて1downまで盛り返す。1回戦の逆転劇が再現されるかと周囲の期待を集めた松田だったが、「差は縮められたけれど、1回も自分に流れが来ていると感じた場面はなかった。もう少しエンジンがかかるのが早ければ、エキストラホールまで持ち込めたと思いますが…」と、自分の調子は最後まで上がらず、ベスト16で姿を消した。

「地元開催の日本女子アマで期するものはあったし、昨年のベスト8を上回りたかったけれど」と悔しさをにじませる松田。それでも、「今日の結果は結果として受け止めます。でも、昨年より成長している自分を実感できた」と充実感も漂わせる。「最後まで諦めずに粘り強くプレー出来たこと、メンタルは絶対に今年は成長できた」という手ごたえも得た。心残りは、「中部勢では、マッチプレーに3人が残れて、出来れば3人全員でベスト8に残りたかった」ということだけか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約