JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【田口は初のベスト8入りを果たし日本女子オープンの切符を手に】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi/JGA
田口晴菜は、1回戦で取りつ取られつの接戦の末に高橋恵を下し、2009年大会で残した自身最高順位のベスト32の更新を決めて迎えた2回戦。対戦相手は植竹希望。ショットが好調でチップインも奪う植竹に対して、田口はピンチも耐えて必死に植竹に食らいつく。

その粘りが実って8番ホールで2回戦で初めて1upのリードを奪う。後半12番で植竹がバーディを奪ってオールスクウェアとされたものの、直後の14番で3メートルの上りスライスラインを読みきった田口がバーディを決めて再び1upとする。その後は、16番でお互いがバーディを奪い合ってハーフとするなど見ごたえのある内容で18ホールを戦い抜き、田口が1upで勝利
を収め、初のベスト8入りを決めた。

「前半は、本当に植竹さんのショットが良くて。流れも植竹さんにあったなかで、よく耐えられたと思う」と相好を崩す田口。自分の目標のひとつでもあったベスト8入りを果たし、日本女子オープンの切符を手中にした。「日本女子オープン出場資格を得たのは初めてで、凄くうれしい」と初々しい笑顔を見せる田口。しかし、田口の日本女子アマは、まだ終わっていない。「明日からも1つでも上の成績を残したい」その言葉には初々しさも消え自信に満ちた力強さが感じられた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約