JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【保坂真由はベスト8進出にキョトン】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi
1回戦で岡山絵里(大甲賀)をくだした保坂真由(東松山)。引き続き行われた萩桃江(兵庫県連盟)との2回戦は、1回戦の上をゆくワンサイドマッチとなった。1番でバーディを決めてリードするスタートを切ると6番まで勝ち続けて早々と6upとした。さらに2ホール続けて分けた後の9、10番ホールも勝って8up。ドーミーホールとなった11番を分けて8and7の大勝だった。

「私がメチャメチャ調子良かったわけではないんです。普通にやっていたら、相手が崩れていって勝たせてもらってしまったんです」。

今大会が3年連続3回目の出場で、昨年もマッチプレーに進出したが、1回戦で香妻琴乃に敗れている。「だから、今
回は絶対に2回戦まで勝ってベスト8を目標にしていました」。その目標は、あっさり達成したのだが、意気込みは空回りしてしまった感じで「“やった!”というより“勝っちゃった”という感じです。いいのでしょうか? もっと、マッチプレーを続けたいです」。

1、2回戦でプレーしたのは26ホールだけ。目標はクリアしたものの、物足りなさが先に立つのだろう。クラブハウスに引き上げてきたときは、ただキョトンとしているばかりだった。ずぶ濡れになったウェアを着替えたあとは、さすがに気持ちを入れ替えて「こうなったら、ちょっと欲をだして優勝目指して戦い続けます」。

日本女子オープンゴルフ選手権競技への出場権が与えられたことで、さらに気持ちを高めていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約