JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【ベスト8に進んだ鬼頭桜は準々決勝での比嘉との対決に複雑な表情】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi
鬼頭桜の自宅は、コースから車で10分足らず。まさに地元っ子といっていい。しかも、この愛知カンツリー倶楽部をホームコースのようにして練習させてもらっている。それだけに今大会にかける思いは人一倍だ。大会第1日には2オーバーパーの76と崩れて表情を凍りつかせていた。第2日にはさすがに5アンダーパー69と本来の力を発揮して進んだマッチプレーだった。

1回戦の相手は、同じナショナルチームのメンバーである佐伯珠音(ミッションバレー)。お互いを知り尽くしている同士の対決だった。ともに、荒天をものともせず…の熱い戦いだった。比嘉をはじめ「パーを続けていく」という戦略に切り替えて、静かな戦いが目立ったマッ
1回戦ではチームメイトの佐伯を破った
チプレーだが、この組み合わせだけは、華々しいバーディ合戦を繰り広げた。

「レベルの高い戦いで、充実感がありました」と振り返る1回戦を2and1で制して臨んだ2回戦。4番ホールまでで丹萌乃(西条)に1upを許すと、そこからギアを切り替えた。5番から3連続アップで一気に逆転すると後半は1ホールも失うことなく4and3でベスト8に勝ち上がった。

第4日の準々決勝。対戦相手は連覇を狙う比嘉真美子だ。昨年までは比嘉もナショナルチームのメンバーで中心選手でもあった。鬼頭と比嘉。合宿や海外遠征もともにしてきた。

「お互いに知り過ぎるぐらい知っているので、正直、ちょっとやりにくいところもありますけど、勝負と割り切って戦うしかありませんよね。比嘉さんに勝てば…。そんな思いもありますけど、それより1打1打に集中して、自分を信じてプレーしたい。私も、優勝を目標にここにきていますから」。

勝った方が、優勝に大きく近づく。そんな下馬評の高い顔合わせが実現した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約