JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【メダリストで連覇を狙う比嘉真美子が順当にベスト8進出】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi
2回戦決着風景
1回戦の鴻上ほの花(新居浜)とのマッチは、6番を終えて2downの劣勢から追い上げる展開だった。「バーディチャンスでパットが決まらなくて、自分のリズムになかなか乗れなかった」というのが、この序盤苦戦の原因だった。7、9番を鴻上のミスと自らのバーディでとってオールスクウェアでの折り返し。ここからは比嘉のペースで10番パー5のバーディで1upとしたあとは、ひたすらパーを重ね、1upのまま迎えた17番をとり、2and1での勝利となった。

永峰咲希(宮崎大淀)との2回戦を前に雨足の強くなったコースを見ながら、比嘉は考えていた。「この状況では、バーディ合戦というより、確実にパーを重ねていくゴルフを
していく方がよさそう。1回戦の流れを、そのまま持ち込んで無理しないようにしよう」。

4番パー3で5メートルを沈めて1upにすると、そこから4ホール続けてパーにまとめた。この間に永峰が2ボギーを叩いて3upとなっていた。後半もパーを続けてそのまま3and2での勝利。この流れは、スタート前の読みどおりであったかもしれない。

この大会、比嘉の眼中には連覇しかない。それ以外の結果は考えることなく、ひたすら前進しているように見える。「とにかくアマチュア最後の試合なので、悔いのないように、というより最高の勝ち方をして締め括りたい。その思いしかありません」

大いなる刺激を受ける出来事があった。プロトーナメントであるサントリーレディスでの韓国女子アマチュア選手キム・ヒョンジュの大逆転優勝だ。16歳での史上最年少優勝は最終ラウンドの11アンダーパー・61という日本女子ツアー史上最少スコアから生まれた。
「レベルの高いゴルフですよね。私も、あそこまで自分を鍛え、磨き上げなければいけないと思います」

「プロ入りして、早い時期に賞金女王になり、米女子ツアーで戦う」という近い将来への希望も具体化している。その前に通過しておかなくてはならない区切りの試合、それが日本女子アマと位置付けて臨んだ大会だ。メダリストから連覇へ。ここまでは比嘉自身がいう「最高の勝ち方」に向けて順当に駒を進めてきた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約