JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【準々決勝敗退の篠原は悔しいけど満足】
第4日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi / JGA
本大会で快進撃を続けている松原由美(朽木)と篠原真里亜(湯布院)のマッチアップとなった準々決勝。松原との対戦が決まった昨夜、篠原は「凄くパットが上手い選手。自分もパットを決めて勝ちたい」と話していたが、思い通りにはいかずに終始パットに苦しめられる1日となり、2and1で敗退した。

「チャンスの距離なのにパットを決め切れなくて、自分で切羽詰ってしまった」と5、6番で松原に連続でホールを取られた時の心境を振り返る篠原。後半、篠原が11番で取り返し松原の1upのまま終盤を迎えたが、勝負どころの17番で「セカンドショットを右に押し出してしまって…自滅です」という痛恨のミスで一歩及ばずに決着をみた
17Hで力尽きた篠原


敗戦の悔しさはもちろんあるが、「今年、マッチプレーで勝てると思っていなくて。それがベスト8まで残れて」満足感が75%とすっきりした表情で話す篠原。「今年の日本女子アマで自信はついたし、来年はベスト8以上の成績を残したい」そのためには、「2.5メートルの距離のパットをいかに決められるか。これまでどおりショットの練習はもちろんですが、ショートゲームの練習に時間を割いて、来年に備えたい」と最後まで充実感溢れる笑顔で会場を去った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約