JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【新旧ナショナルチーム対決は鬼頭が比嘉に力負け】
第4日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi / JGA
昨年までJGA女子ナショナルチームの中心選手として活躍してきた比嘉真美子(カヌチャ)と準々決勝で対戦したのは、今年のナショナルチームのエース鬼頭桜(美濃加茂高校)。

新旧ナショナルチーム対決となったこの試合は、比嘉が圧倒的な強さを見せて鬼頭に付け入る隙を与えず、4and3で勝利を収めた。スタートからチャンスにつけていたのは鬼頭。しかし1番でバーディパットを外して分けると、2番から比嘉が一気に攻め立てる。6番で鬼頭が「入ったかと思った」という惜しいパットを外して比嘉にリードを奪われると、7番では20メートルはあろうかというラインを比嘉がねじ込み、2upとリードを広げる。これで流れを掴んだ比
嘉に対して、鬼頭はなすすべなく今年もベスト8で姿を消した。

「今年は地元開催ですし、女子アマに勝ちたいと思って照準を合わせてきたのに…」と、消え入りそうな声で話す鬼頭。「比嘉さんは、100ヤード以内のショットが凄く良くて、勝負どころのパットも必ず決めてくる。自分との差を感じた」と完敗を認めざるを得なかった。「今年こそはという気持ちでいたのに、結果は昨年のベスト8を上回れず…悔しさだけが残ります」と悔し涙を堪える鬼頭。順位は昨年と同じベスト8に終わったが、「今年は、メンタルも強くなったし、ドライバーの飛距離で20ヤードは伸びていた。そういう意味では成長を感じることが出来た」と本大会を振り返ったが、鬼頭にとっては成長の充実感よりも、比嘉との「100ヤード以内のショットの精度とパッティングの技術」の差をまじまじと見せ付けられる課題を発見できたことのほうが、大きな収穫だったのかもしれない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約