JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【森田遙が女子アマ最長マッチとなる23ホールの激戦の末に堀琴音下し準決勝進出】
第4日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi
バーディーを決められたら入れ返す。ピンチではパーパットを沈めて分けに持ち込む。かなりレベルの高いマッチだった。森田の1UPで迎えた17番、ピンを狙った第2打がバンカーにつかまった。このショットを寄せ切れず、パーパットも決まらずにオールスクェアに。

ここから第2幕ともいうべき長い戦いが始まった。18番をともにパーで分けてエキストラホールへ。19ホール目は、ともにバーディー、20ホール目は堀が粘った。右ラフからの第2打。目の前には松。この枝の下を抜くショットは、まだラフでオインまで50ヤード。これを2メートルに寄せてパーで切り抜け、2オン2パットの森田と、ここでも分けた。21ホール目、22ホ
23Hで力尽きた堀琴音
ール目ともに譲らず、勝負は23ホール目に持ち越された。ここで森田が競り勝って、長い戦いが決着した。

★堀琴音「粘り強いプレーはできました。相手の森田さんも、パットを入れ返してきて、やはり粘り強かった。お互いに良いゴルフができていたとは思うのですが、私はパー5であまりバーディーがとれなかった。パー5が6ホールもあるこのコースでは、それが苦戦の原因になるし、敗因でもありました。残念です」

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約