JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【準決勝はノーバーディで敗れた松原由美】
第4日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi / JGA
中学2年生13歳での史上最年少優勝記録更新の期待がかかっていた松原由美(朽木)。切れ味鋭いショットが持ち味の松原だったが、4日間で6ラウンド目となる準決勝は、苦戦のプレーとなった。準決勝の相手は、堀琴音(兵庫県連盟)と23ホールの熱戦の末に勝ちあがってきた森田遥(坂出)。

先手を取ったのは、森田だった。1番ホールでバーディを奪うと、4番のボギーでオールスクウェアとなったものの、6、7番の連続バーディで松原を突き放す。なんとか食い下がりたい松原だったが、8.8メートルの風にショットが乱される。「今日の風の影響からか、アイアンショットの距離感が合わなくて…」と反撃のチャンスすらうかがえない。


松原の生命線となるアイアンショットに狂いが生じれば、準々決勝で激戦を制した森田の勢いに飲み込まれてしまったのも合点がいく。後半も森田が2つのバーディを奪ったのに対して、松原は結局、準決勝で1つもバーディを奪うどころか、1度もリードすることも出来ずに、5and4で敗退した。「森田さんは、凄く上手で。自分がバーディを獲らなければいけなかったのに…完敗でした」と潔く勝者を讃えた松原。

初のマッチプレーに「目の前の相手のショット、パットを否応なく見せられて、その相手より1つでも良いスコアでプレーしなければならない。精神的にも体力的にも本当に疲れました」と、過酷な戦いを終えた松原は言葉を搾り出す。それでも、「明日の3位決定戦は、頑張りたい」と気合を入れなおす。史上最年少優勝記録の更新は成し遂げられなかったが、残されたもう1試合に全力を尽くす。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約