JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【無欲で比嘉に挑む森田遥】
第4日 競技報告:塩原義雄 写真:Gary Kobayashi
決勝で比嘉に挑むことになったのが、森田遥(坂出)だ。準々決勝では堀琴音(兵庫県連盟)と23ホールを戦い、最後はバーディで決めて進んだ準決勝。相手は、中学2年生の松原由美(朽木)だった。

準々決勝の長い戦いによる疲労が心配されたが、本人は気にかけていなかった。「堀さんとのマッチで、エキストラホールにいって、かえってリズムに乗れたので、できれば休みをとらずに、すぐに準決勝をやりたかったぐらいです」。

小休止をはさんでの準決勝マッチ。1番パー5で第3打を2メートルにつけ、このパットを決めた。先制パンチだった。実は、堀との延長戦でも、このホールは同じような距離を沈めてバーディを奪っていた。
5番は自らのバンカーショットミスでオールスクェアにしたが、6、7番と一気に勝負の流れを引き寄せるファインプレーが続いた。6番パー4では、10メートルのバーディパットが決まった。そして続く7番パー3ではティーショットを左ラフにはずしたのだが、ここからチップインを決めた。木の根に近く、ボールはすっぽりと埋まっていた。クラブも十分には振り切れない状況だったが、低く打ち出されたボールは転がってカップに消えた。ここからは、ほぼ森田のワンサイドの展開で5and4での決着となった。

「松原さんは、予選のストロークプレーから勢いがあったので、勝てるのかな?…と思っていたのですが、ラッキーでした。決勝ですか? 正直なところ、ここまで進んでこられるなんて考えていなかったので、ちょっとビックリです。決勝は強くて上手い比嘉先輩ですから、挑戦するというより、あのショットやパットを勉強させてもらいます。それにしても、きょうの2マッチで合計37ホールですか、こんなにやるとゴルフに飽きてしまいますよね。いまは、早くホテルに帰って寝たいです。明日も4時起きですからね」

香川県の高松中央高校1年生。ゴルフ部でたったひとりの部員だという。練習は200球までと決めている。「それ以上打つと悪いクセがつきそうで…」。

ちょっとユニークなファイナリストではある。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約