JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【昨年のリベンジに燃える菅原】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨年大会3位タイの菅原健は、出だしの1番(パー5)で210ヤードのセカンドショットを4番ウッドでいきなり2オン。7メートルのイーグルパットは惜しくも外したが、イージーバーディで幸先の良いスタートを切った。3番(パー3)では、169ヤードのティーショットを5番アイアンで2メートルにつけて2つ目のバーディ。4番でボギーを叩いたものの、「ティーショットもアイアンショットも、調子は良かった」と、その後のバーディラッシュを予感させる雰囲気を漂わせていた。

パーオンを逃しても、セーフティーなサイドからのアプローチは、ほとんどが1メートル前後に寄る。しかし、肝心のバーディパットが決まらない。5番から17番までスコアカード通りのプレーの中でも、特に菅原が悔やんだのは14番。「1メートルですよ…」とバーディチャンスを決めらず、苦笑い。「チャンスは多かったのに、パットはカップをなめることが多くて…」と、好スコアにも若干ストレスが溜まるプレーとなった。しかし、最終18番(パー5)で、これまで溜まりに溜まった鬱憤を晴らすスーパーショットを放つ。ラフからの8番アイアンの3打目は、綺麗な放物線を描いて、ピン30センチに。これを決めて3つ目のバーディで第1ラウンドを締めくくった菅原は、2アンダーパーで2位タイグループに1打差ながら単独首位で、明日の最終ラウンドを迎える。

昨年大会は、第1ラウンドで76を叩き出遅れ、2日目にパープレーのベストスコアをマークして3位タイでフィニッシュしたものの、菅原本人は、その順位の達成感よりも、「あと1打でプレーオフの残れなかった」悔しさが忘れられない。「昨年のリベンジを。そのためには前半でどれだけスコアを伸ばせるかですね。後半はシビアなホールが続くので、我慢を強いられるでしょうから…」と、1年越しの悲願達成に青写真はしっかりと描いている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約