JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【菅原健が-2で単独首位に立つ。連覇を狙う丸山和美は78と出遅れ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
丸山和美
2015年度(第22回)日本ミッドシニアゴルフ選手権は9日、広島県東広島市の広島カンツリー倶楽部・西条コースで第1ラウンドを行った。濃霧のためスタート時刻を30分遅らせる波乱の開幕となった本選手権。日中は小雨が降るなど107名の選手には厳しいコンディションとなったが、菅原健が2アンダーパーをマークして、単独首位に立った。1打差2位タイグループには、小林利治、権純福、原継雄の3名がつけ、さらに1打差のイーブンパーに引地理策ら4名がつけている。

ディフェンディングチャンピオンの丸山和美は、スタートの10番でバーディを決めたものの、前半で2度の連続ボギーを含む5ボギーを叩き40。後半も1バーディ・3ボギーとスコアメイクに苦しみ、78でホールアウト。6オーバーパーは首位と8打差の48位タイと大きく出遅れ、大会連覇は厳しいスタートとなった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約