JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【菅原は、18番の4オーバーを悔やむ】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
菅原健の昨年大会のリベンジは、ならなかった。2アンダーパーの単独首位でスタートした最終ラウンドは、2番(パー5)でバーディ。3番でボギーを叩くも、同じ組でプレーする権のロケットスタートにも動じず、落ち着いたプレー振りでホールを消化していた。しかし、9番で2打目をバンカーに打ち込んでダブルボギーを叩いてから、それまでの好調なショットが突如として乱れ始める。10、11番を連続ボギーとした菅原は、3ホールで4つスコアを落としてしまい、権との差を広げられてしまう。それでも、13、14番と「OKの距離」にショットをつけて連続バーディを奪い、必死に権を追いすがった菅原に、最終18番で悪夢が待っていた。

「最後になってバンカーに打ち込んだり…バタバタしてしまった」とパー5のホールでよもやの9打を叩いてしまった。結局、菅原はこの日6打スコアを落とし、通算4オーバーパーでフィニッシュ。初優勝に最も近付いたが、10位タイと来年度本選手権のシード獲得ギリギリまで順位を落として本大会を終えた。「ショットは良かったけれどね…最後で全部をパーにしてしまった。来年は首位スタートじゃなくて、追いかける立場で第1ラウンドを終えたいね」と悔しさをにじませる菅原。しかし、「2日間、心から楽しめましたよ」と最後は笑顔を見せてくれた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約