JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【関西ミッドシニア、関西シニア2冠の引地が2位タイ入賞】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
今年の関西ミッドシニアと関西シニアの2冠を達成して本選手権に出場した引地理策。首位と2打差で迎えた最終ラウンドは、見事なバンカーショットからのバーディでスタートを切った。逆転を目指して、前半でスコアを伸ばそうと必死のプレーを続ける引地だったが、3番で2メートルのバーディパットがカップに蹴られてから雲行きが怪しくなる。4番ではティーショットのミスからボギーを叩くと、6番でボギー。7番は3メートルの下りスライスラインをねじ込んでバーディを奪ったが、127ヤードとチャンスホールのパー3である8番でよもやのボギー。「疲れが出たのか、身体が言うことを聞いてくれなくて、ショットが荒れ始めた」と371ヤード
のパー4である9番も「ドライバー、3番ウッドで、まだグリーン手前でしたよ」と自嘲気味に話すほど、本来のスウィングの切れは見られなかった。

「追いかける立場として、前半でスコアを伸ばしたかった」と悔やむ引地は、37と1つスコアを落として後半に入る。11番もボギーを叩いた引地だったが、「体が動かない分、力が入りすぎていてショットが荒れていたことに気がついた」と12番で「身体の回転を意識したスウィング」に変えて、ショットの切れが戻り始める。ショットの復調もあって15番、18番とバーディを奪った引地は、この日パープレーでホールアウト。通算イーブンパーで2位タイ入賞を決めた。今年65歳となった引地は、本選手権初出場の好成績に「関西で2タイトルを獲って全国大会に1年生として出場して、上位に入らないと面目ないと思っていました。どうにか入賞できました」と2位タイ入賞の喜びよりも、安どの表情でコースを後にした。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約