JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【「夢は実現するんですね」初の全国タイトルに感慨無量の権】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
首位と1打差の2位タイにつけていた権純福。最終組での優勝争いは、圧巻のロケットスタートで幕を開けた。1番(パー5)。残り220ヤードの2打目は、力強く振りぬいた3番ウッドから放たれた球は、アゲインストの風を切り裂いて見事にグリーンをとらえる。20メートルはあったかと思われるイーグルパットをねじ込んだ権は、一気に波に乗る。2番(パー5)で1メートル、3番(パー3)では、昨日に続いて5番アイアンのティーショットを2.5メートルにつけてバーディ。3ホールで4ストローク伸ばす快進撃で、一気に首位の菅原を捉えた。4、6番をボギーとしたもの、8番は6メートルの「下り傾斜の軽いフックライン」を読み切ってバー
ディを決め、前半で3つスコアを伸ばし、通算4アンダーパーで単独首位に立ち前半を終える。

自身の目論見通り、前半でしっかりとアンダーパーをマークした権は、「後半は、難しいホールが多いので、どれだけ耐えられるかが鍵」と言っていた10番以降も、ショットを左にミスしながらしぶとくパーで凌ぎ続ける。16番(パー3)でティーショットをグリーン左のバンカーに打ち込んで「バンカーのアゴも近くて…」という不運もあって後半初ボギーを喫して、通算3アンダーパーで最終ホールを迎えた。「スタートから最後まで、他の選手のスコアの動きが全く分からなかった」という権は、「同じぐらいのスコアがいないように祈るような気持ちで…」2オンを狙える最終18番で2打目をレイアップ。「最悪、ボギーでも構わない」という読み通りにボギーでおさめて、この日1イーグル・3バーディ・4ボギーの71でホールアウト。通算2アンダーパーで見事に日本ミッドシニアチャンピオンに輝いた。

実は、試合前から本選手権を楽しみにしていたという権。「家内が広島県の松永出身で、いつもより気持ちが入っていた」と胸の裡を明かしてくれた。これまで幾度も全国大会に出場しながら、なかなかチャンスをものにできなかった権は、日本タイトルが夢だったと語る。「東北地区には三浦哲生さん、大友さん、西村さんと日本チャンピオンが数多くいらっしゃいます。いつかは自分もその仲間に…という夢を抱いていましたが、こうやって夢が実現するなんて」と感無量の表情。見事に彼らの仲間入りを果たした権だが、「今日の後半のプレーは、まだまだ納得がいかないプレーもありました。この優勝でおごることなく、これからも精進をしていかなければならないです」と、爆発しそうな感情を冷静に抑えて、最後までクールに、さらなる飛躍を誓った。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約