JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【通算-2で権純福が逆転初優勝を果たす】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
2015年度(第22回)日本ミッドシニアゴルフ選手権は10日、広島県東広島市の広島カンツリー倶楽部・西条コースで第2ラウンドを行った。午前中は時折小雨も降るコンディションの中で進められた最終ラウンド。前半からスコアを伸ばしたのは、首位と1打差2位タイでスタートした権純福。権は、1番ホールでいきなりイーグルを奪うなど、3ホールで4つスコアを伸ばすロケットスタートを決めて、前半を3アンダーパーで終える。首位スタートの菅原健も粘りのプレーで8番までイーブンパーとして食い下がるが、9番でダブルボギーを叩き、首位を明け渡してしまう。天候も回復した後半。菅原が連続ボギーを叩くなど失速してしまったのに対し、権は2ボギーで堪えて、この日1イーグル・3バーディ・4ボギーの71でホールアウト。通算2アンダーパーで嬉しい全国初タイトルを手中に収めた。2打差の2位タイには、関西ミッドシニアゴルフ選手権と関西シニアゴルフ選手権を制した引地理策と、地元広島の菅原良樹が入賞。

菅原健は、最終18番で4オーバーとするなど78と大きくスコアを落とし、通算4オーバーパーの10位タイに終わり、昨年大会のリベンジはならなかった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約