2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【シニアツアーのルーキー芹澤大介はノーボギーのラウンドで好発進】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
日大ゴルフ部出身の芹沢大介は、今年がシニアデビューのツアールーキーだ。
「僕は高弾道なので風は好きじゃないんですよね」と上空を見上げながらのスタートだった。いざコースに踏み出すと、堅実なプレーを展開した。3バーディで、ボギーはゼロ。「この風の中で、ノーボギーというのは、なかなかの結果といっていいんじゃないでしょうか。うれしい流れですよ」

芹澤には、シニア入りを前に準備したことがある。まず、トレーニング。戦うための体力強化である。「飛距離アップしたし、方向性もよくなったという実感がありました」
もうひとつの準備は、100ヤード以内のショット。こちらは、精度アップを目標にした練習で、パー
セーブ率が向上したという。さらに、今大会の舞台である白山ビレッジGCでの練習ラウンドで決めていたこともある。
「すばらしいグリーンで仕上がりも文句なしです。でも、下り傾斜のラインでは速すぎて距離を合わせるだけでも難しい。だから、とにかく下り傾斜になるところは避けていく。アプローチショットも手前から。それを決めていました」

無難な立ち上がりから13、14番と連続バーディを先行させた。パッティングの距離は、それぞれ3メートル、1.5メートルで、いずれも上りライン。しっかりヒットできる状況を作り、決めたものだった。1番にターンしての5番(パー5)でのバーディパットも上りの3メートル。
「いいところに乗せられた。グリーンをはずしても寄せやすいところからアプローチショットを打てた。それが、ノーボギーでのラウンドにつなげられた要因でした。いいゴルフができたと思います」

これがシニアツアー4試合目の出場となった芹澤が、上々のスタートを切った。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約