2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【加瀬秀樹が通算-6で首位を堅守。1打差2位タイに平石と渡辺司が浮上】
第2日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権は30日、三重県津市のCOCOPA RESORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコース・QUEENコースで第2ラウンドを行った。

7アンダーパーの単独首位でスタートした加瀬秀樹は、前半1つスコアを伸ばしたものの、11、13、15番の3ボギーで一時後続に並ばれてしまう。しかし、17番でバーディを奪いこの日1つスコアを落としながらも、通算6アンダーパーで単独首位を堅守した。

1打差2位タイに浮上したのは、この日69をマークした平石武則と2009年大会チャンピオンの渡辺司。さらに1打差の4位にはミゲル アンヘル マーティン、通算3アンダ
ーパーの5位に清水洋一がつけている。賞金ランキングトップの崎山武志は前半ボギーが先行したが、後半2バーディを奪って、通算2アンダーパーの6位タイグループに浮上。通算1アンダーパーの10位タイグループには連覇で大会3勝目を狙う倉本昌弘、田村尚之、歴代優勝者の室田淳、2013年全米シニアプロ優勝の井戸木鴻樹らがおり、本選手権は混戦の様相を呈してきた。

なお、この日カットが行われ、通算5オーバーパーの52位タイ、63人が後半のラウンド進出を決めた10名が出場したアマチュア選手は全員がカットとなり、25回の歴史で初めてローアマチュアは該当者なしとなった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約