JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [予選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
予選競技日程
Championship Reports
競技報告
【第1ラウンドが定刻7時にスタート。本選出場枠は5名に決定】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
第115回全米オープンゴルフ選手権セクショナルクオリファイング(最終予選)は25日、岡山県の鬼ノ城ゴルフ倶楽部で定刻7時に第1ラウンドがスタートした。
本最終予選には、先週、関西オープンゴルフ選手権を制し、4週連続の海外勢優勝を阻止した片岡大育をはじめ、ベテラン藤田寛之と谷口徹、昨年の日本オープンチャンピオンの池田勇太ら40名のプロフェッショナルゴルファーが出場。6月18日から21日にワシントン州のチャンバーズベイゴルフコースで開催される本選通過の5名の枠を36ホール・ストロークプレーで争う。

会場の鬼ノ城ゴルフ倶楽部はロバート・トレント・ジョーンズ・Jrの設計により1991(平成4)年に開場したコース。9番ホールと18番ホールが対称形をなすなど見た目にも興味深く、また要所に配されたハザードが戦略性を高めている。過去には日本ミッドアマチュアゴルフ選手権やシニアツアー競技の舞台となっており、ゴルフファンにも馴染み深いコースで、世界一厳しいセッティングが施されるという全米オープン本選への出場権を勝ち取る熱い戦いが繰り広げられている。

なお、選手は第1ラウンドのアテスト終了後、30分間の休憩を挟んで、第2ラウンドをスタートする。

スコア速報はこちらから。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約