JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [予選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
予選競技日程
Championship Reports
競技報告
【梁津萬ら5名が全米オープン本選の出場権を獲得】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
「2015年度(第115回)全米オープンゴルフ選手権セクショナルクオリファイング(最終予選)」は25日、岡山県の鬼ノ城ゴルフ倶楽部で36ホール・ストロークプレーで行われ、通算14アンダーパーの梁津萬(本間ゴルフ)ら5名が本選出場権を獲得した。

快晴微風の絶好のコンディションとなった本最終予選。40名が出場した第1ラウンドは、I・J・ジャンが9アンダーパー・63をマークして単独首位に立つも第2ラウンドで失速。変わってスコアを伸ばしたのが2打差につけていた梁。梁は後半も7つスコアを伸ばして、通算14アンダーパーでトップで本選出場権を獲得した。2打差の2位で初の本選出場を決めたのは、川村昌弘(
プレーオフ風景
マクロミル)。川村は前半で2位タイグループにつけると、後半のラウンドでも3番ホールでイーグルを奪うなど67をマークした。

残り3枠は、通算11アンダーパーで3位タイに並んだ藤田寛之(葛城)、谷口徹(フリー)、K・バーンズ(アクシネット)、薗田峻輔(フリー)、S・H・ペク(フリー)の5名によるプレーオフで争われた。

プレーオフは1ホール目にバーディを奪った藤田がいち早く3人目の本選出場を決めると、2ホール目にK・バーンズがバーディとし4人目の本選出場権を獲得。このホールでボギーを叩いた谷口徹が脱落し、S・H・ペクと薗田の2名から1名を決める3ホール目に突入した。勝負の3ホール目。3番(パー5)は、薗田がパーに終わったのに対し、ペクがバーディを奪取。最後の1枠をペクが射止め、5名の本選出場者が決定した。

なお、第115回全米オープンゴルフ選手権は、6月18日から22日の4日間、ワシントン州のチャンパーズベイゴルフクラブで開催される。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約