2017年度(第27回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【前年優勝のマークセンが本選手権最少ストロークを更新する-9で首位スタート】
第1日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
尾崎直道

2017年度(第27回)日本シニアオープンゴルフ選手権は14日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部で、アマチュアゴルファー10名、プロゴルファー116名の126名の選手が出場して第1ラウンドが行われた。単独首位に立ったのは、ディフェンディングチャンピオンのプラヤド・マークセン。9バーディ・ノーボギーの9アンダーパー63は、本選手権18ホール最少スチリークを更新する会心のプレー。マークセンを2打差で追うのは、本選手権で幾度も優勝争いを演じながら惜敗が続いている2013年全米シニアプロチャンピオンの井戸木鴻樹と尾崎直道の2人。尾崎は、腰痛を抱えながらも、後半に10パットという内容で4アン
井戸木鴻樹
ダーパー32をマーク。「気分いいね」といった後、「あとは腰だな」と体調を気遣った。尾崎直道は日本オープンには2度勝っているものの、本選手権のタイトルを手にしたことはなく、ぜひこのチャンスをものにしたいところだ。
さらに2打差の4位タイにはコマツ・オープンを制し2試合連続優勝を狙う金鍾徳と崎山武志がつけた。
4アンダーパーの6位タイには、エージシュートを達成した海老原清治、本選手権4勝目を狙う中嶋常幸が名を連ね、ベテラン勢の健闘も光っている。

昨年大会で惜しくも2位に終わった鈴木亨は、本選手権初出場の河村雅之とともに首位と7打差の22位タイ、シニアルーキーで注目を集めている川岸良兼は4バーディ・3ボギーの1アンダーパーとスコアを伸ばせず、33位タイと大きく出遅れた。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約