2017年度(第27回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【同組でプレーした中嶋と海老原がともに-4の好スコアをマーク】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
海老原清治
第1ラウンドを、5バーディ・1ボギー68の6位タイで終えた中嶋常幸は、ホールアウトして、嬉しさの表情よりも、ため息混じりの困惑した表情だった。「うーん。なんだかなぁ。スコアは確かに悪くないんだけど、フラストレーションが溜まるラウンドだったんですよ」と,浮かない。理由をしつこく聞いてみると「スウィングが、ちゃんとできていない。手打ちのゴルフ。その理由は、右股関節周りの痛みなんです。あんまりこういうことは言いたくないんだけど、この数年ずっとあちこちの痛みで、まともなゴルフができなくなっているんですよ。最初が、首でしょう。それが治ったら背中、そして膝、今度は右股関節。まるで痛みのメリーゴーランドなん
中嶋常幸
だもの。フラストレーションが溜まるのもわかるでしょう」と、その辛さを吐露してくれた。それでも4アンダーパーは、ゲームマネージメントの勝利だろう、と言ったら「勝利?」と言い返された。
特筆すべきは、8番(パー5)で左8メートルのスライスラインを入れてのバーディをもぎ取ったことだ。それで多少、フラストレーションの溜飲が下がった。
「とはいえ、この大会の歴代チャンピオンなんだから、しっかりとしたプレーをして頑張るしかないと思う。あと3日間、痛みが軽減されることを祈りながらね」と言葉少なげに語った。

「それよりも、海老原清治さんですよ。僕と同じ68だけど、海老原さんのほうが、素晴らしく価値がありますよ。だってエージシュートですよ」と中嶋が語ったのは、この日、68歳の海老原清治のエージシュート達成だ。実は、海老原は、シニアツアーでのエージシュートは、これで2度目。つい2週前のコマツオープンの最終ラウンドに66をマークして初めて達成している。
「ハーフを終えて、あ、ひょっとするといけるかなとは思っていたんですけど、まさかですよね(笑)。残り2ホールになって意識しちゃった。ちょっとパッティングが緊張していいストロークできなくなったんだけど、やっぱり嬉しいなぁ。同組の中嶋くんも一緒になって喜んでくれて、いやー、ほんとに嬉しい。やっぱりね。プロのエージシュートは、アンダーパーで回れての達成が大事だと思うんですよ。もちろん、一般のアマチュアの人なら、75歳、80歳、90歳での達成も喜ばしいわけですが、プロは、(72歳までに)いくつ達成できるかが大事でしょう」と、嬉しさを隠せない。PGA競技では2015年関東グランドシニア(66歳/65ストローク)、2017年関東ゴールドシニア(68歳/65ストローク)し、今回で4度目のエージシュート。68歳の海老原は、まだまだ大きな可能性がある。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約