2017年度(第27回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【自分の基本を取り戻した井戸木が初戴冠に闘志を燃やす】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
7バーディ・ノーボギー。井戸木鴻樹にとって、ノーボギーの18ホールは「ほんとに久しぶりだった」という。1番でバーディのあとに、2番ではチップイン・バーディ。それで気持ちが「落ち着いた」という。続く、4、5番とバーディを重ねて、5ホールで4バーディ。「気持ちに余裕ができると、ほんとにゴルフが変わるんですね」と井戸木は語った。
それは、今日のラウンドのことだけではない。昨シーズンは、肩痛などもあって、どうしても気持ちの余裕がなかったのだという。「精神的な乱れが、あったんですね。どうしてもいい成績を出さなければ。バーディを獲らなければと、先走るゴルフをやっていたんですね。それを、シーズンオフから、
気持ちを切り替えて、そういう精神的な乱れでショットを悪くするのは意味がない。バーディが入らなければイライラという気持ちを捨てて、自分の中の基本にしっかりと戻ってやってきたことが、少しずつ今シーズン出てきたのだと思います」

ティーショットでドライバーを使ってフェアウェイを外したのが3回。バーディパットで最も長い距離は、14番ホールの6メートル。「あとはほとんどワンピン以内だったと思います。それでも、半分ぐらい(バーディパットを)外した感じですよ」と井戸木が言うように、ショットが絶好調だった。

この大会の前週にアメリカのPGAチャンピオンズの大会が、日本で開催された。「久しぶりに(アメリカで戦っていたPGAチャンピオンズ仕様の)、結構厳しい距離、ピンの振り方を経験してここに来たので、自分のゴルフの感覚が、そのまんまでプレーできたので、それも良かった気がします」

終盤の16番でも1メートル強のバーディパットを外して単独2位になる8アンダーパーには届かなかったけれど、尾崎直道と並んで2打差の2位タイで第1ラウンドを終えた。
「このタイトル、獲りたいですね。これまで3ラウンド半(最終ラウンド前半)までは、優勝争いで(勝てる)チャンスがあって逃しているんですよ、だから、なんとか獲りたいですね」と、井戸木は、闘志を燃やしていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約