2017年度(第27回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【胸骨骨折から完全復活した金鍾徳は「昨年よりも30ヤード飛ぶからゴルフが楽」】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
コマツ・オープンでプラヤド・マークセンをプレーオフの末に下して優勝した金鍾徳の勢いは、いささかも衰えていない。胸骨骨折で2015年シーズンは3試合に出場しただけ。公傷制度適用でフル参戦した昨年は、後遺症で賞金ランキング24位と低迷した。
「ここがね、こんなふうに出っ張ってしまって、うまく体を捻れなかったの」とシャツの襟を広げて患部を見せてくれた。現在は、「ようやく、元の状態に戻って、出っ張りも消えたから、思い切って体をフルターンさせることができる。ドライバーショットの飛距離が、昨年よりも30ヤードも伸びたから、本当にゴルフが楽になった。コマツ・オープンのときもそうだったけど、バーディーが沢山
とれるから、楽しいしね」。

18ホールと9ホール。2日間の練習ラウンドでコースをしっかり頭に刻み込んだ。前夜、ホテルのベッドで18ホールのプレーをシミュレーションしたという。「頭の中でプレーすると、7、8ホールはバーディーになるんだよね」。
で、現実のラウンドは…。「うん、第1ラウンドは、いきなりとんでもないことが起こったけど、前夜の頭の中でのラウンドがあったから、慌てずにプレーできたね」
とんでもないできごと…というのは、スタートの10番(パー4)のグリーン上でのことだった。7メートルほどのバーディパットを「気持ちよくストロークしたら、下り傾斜が予想以上にきつくて5メートルもオーバーしてしまった。返しもはずして3パットのボギーを叩いてしまった」というのが、それである。13番(パー3)で取り返すと、15、16番と連続バーディ。後半も4バーディを奪って計7バーディを量産した。6番ホールの第2打で手にするアイアンの番手に迷い、左ラフに外してボギーにしたのがシミュレーションと違う結果であったが、ほぼ頭の中でラウンドした前夜のイメージどおりのプレーができた。

「飛距離も戻った今のゴルフならマークセンとまた勝負ができると思う。全部のクラブが上手く打てているし、自分でも楽しみ。韓国ではシニアプロ、シニアオープンの両タイトルを手に入れている。日本でもシニアプロには勝っている(2011年大会)から、次は、この日本シニアオープンのタイトルをつかみたい。日韓で両タイトルホルダーになれたら、最高にうれしいからね」。
金鍾徳は、コマツ・オープンに続いて打倒マークセンを期している。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約