JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
日本のスポーツを応援しよう
Championship Reports
競技報告
【日本は-44で2位入賞、タイが大会最小記録となる-56で初優勝を飾った】
第4日 競技報告:jJGA 写真:JGA
2位日本チーム
3位オーストラリアチーム
日中30度を超え、湿度87%の高温多湿の中開催された第4ラウンド。

連覇に向けて、首位のタイに11打差の2位でスタートした日本チームは、エースの金谷拓実(東北福祉大3年)が8バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフでこの日のベストスコアをマークし、個人通算14アンダーで5位タイに入った。今大会チーム躍進の立役者の大澤和也(日本大学3年)も、 5バーディ、2ボギーの69で回り、通算17アンダーパーで個人2位に入る活躍でチームに貢献した。今野大喜(日本大学3年)は、再三バーディチャンスにつけるも決めきれず73でホールアウト。中島啓太(代々木高校2年)は、今日も我慢のゴルフを強いられ72で大会を終え
初優勝を飾ったタイチーム
た。

日本は、この日11ストロークスコアを伸ばし、本大会日本チーム過去最小ストロークとなる通算44アンダーバーをマークするも、この日12ストロークスコアを伸ばしたタイに12打差の2位に終わった。

優勝は、大会最小ストロークとなる通算56アンダーパーで、タイが他のチームを圧倒し初優勝を飾った。12打差の2位に日本、さらに5打差の3位には、オーストラリアがこの日13ストローク伸ばし入賞を果たした。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約