JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
日本のスポーツを応援しよう
Championship Reports
競技報告
【中島が-1で首位タイスタート、安田は+7で15位タイ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
中島啓太
安田祐香
デュークオブヤングチャンピオンズトロフィーが、現地時間12日に英国・ロイヤルリバプールゴルフクラブで開幕した。

昨日までの荒天が一転、風も弱まり、午後からは日差しもさして、好コンディションとなった第1ラウンド。

日本アマチュアランキング5位の中島啓太(代々木高校2年)が、3バーディ、2ボギーの1アンダー・パー71で回り、Felx van Dijk(オランダ)、Maja Stark(スウェーデン)らと並びトップタイに立った。

中島は、前半風を読みきれずグリーンを外し、アプローチでパーを拾う苦しい展開を強いられたが、後半に入りアイアンの距離感も合い、安定したプレーでスコアをまとめ
中島啓太
安田祐香
た。「コースを理解し、クラブ選択や攻めるルートなど正しく判断ができているのでスコアに繋がったのだと思う。まだ第1ラウンドが終わっただけなので、明日も順位を考えず、良い判断のもとプレーができるようにがんばります」と中島は、首位スタートにも冷静に残りの2日間を見据えた。

一方、安田祐香(滝川第二高校2年)は、序盤ティショットが安定せず、1番ボギー、2番、3番をダブルボギーとし、苦しいスタートとなった。

「3ホールで、5オーバーまでいったので、かえって冷静になることができた。バーディで取り返そうとは思わず、丁寧にパーを取っていこう」と気持ちを切り替えた安田は、後半に入りショットも安定しバーディを奪うが、なかなかスコアが縮められず、上がってみれば、4バーディ、5ボギー、3ダブルボギーと出入りの激しいラウンドとなり、7オーバー・パーの79でホールアウト、15位タイで第1ラウンドを終えた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約