JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【植竹愛海が-3で単独首位。連覇を狙う安田祐香は5打差の21位タイに】
第1日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
2018年度(第60回)日本女子アマチュアゴルフ選手権は19日、埼玉県比企郡の嵐山カントリークラブで第1ラウンドを行った。夏を思わせる強い日差しの中で開幕した第60回記念大会は、過去に日本シニアオープンなどを開催した難コースにスコアメイクに苦しむ選手が続出。その中で、高スコアをマークしたのは本大会4度目の出場となる植竹愛海(かすみがうらOGM)。4番から3連続バーディを決めるなどこの日7バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの69でホールアウト。2位タイの高久みなみ(水戸レイクス)、西村優菜(大阪商業大学高校)に1打差をつける3アンダーパーで単独首位に立った。2打差の3位には商崎鈴菜(南九州)、さらに1打差のイーブンパーの5位タイには古江彩佳(滝川第二高校)ら5人がつける混戦模様の幕開けとなった。
なお、史上8人目の大会連覇を狙う安田祐香(洲本)は、ボギーが先行する苦しい流れを断ち切れず、2オーバーパーの21位タイとやや出遅れた。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約