JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【第2ラウンドの71に安田祐香は「上出来かな…」】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
雨中のラウンドとなった第2ラウンドを安田は「スコアとしては上出来かな…」と振り返った。不安を解消し切れなかったドライバーショット。10番からのスタートでいきなり右林に打ち込んだ。幸運だったのは、前方の木に邪魔されることなくグリーンを狙えたことだった。パーで切り抜けると、続く11番(パー3)で「ながぁいバーディパット」が決まった。10メートルほどもあっただろうか。これで安田は落ち着けたという。
「ドライバーショットは、もうひとつ安定せず、フェアウェイに打てたのは14回中6ホールしかありませんでした。昨日が7ホールでしたから、フェアウェイキープ率は、今日の方が悪かったですね。でも、曲がり幅が第1
ラウンドよりも小さくなって、ファーストカットに止まってくれたホールもありましたし、2日間もラフから打つショットが多かったので、この状況での打ち方、距離感がよくなった」ということで、3バーディ・2ボギーの71にスコアをまとめることができた。

「気をつけたのは、グリーンを狙うショットで絶対にピンまでの距離を打たないことでした。奥にいってしまうと、(グリーンから)こぼれたら最悪。グリーンに残っても下りのややこしいラインが残ってしまうので、花道があれば、そこでもいいや…と、手前から攻めるようにしました。集中力が途切れることなく、最後までペースを崩すこともなくラウンドできたことに満足しています。あのゴルフの内容で、アンダーパーだったのですから、はい、上出来なんです」。

前夜は、ホテルの部屋でワールドカップサッカーをテレビ観戦した。チャンネルをつけた時には、日本がすでに1点を入れていた。そこで、いったんテレビの前から離れ、次に観たときは同点になっていた。そして、日本に2点目が入ったところでテレビを消し、翌日の自分のゴルフに備えてベッドにもぐりこんだ。安田は、日本代表フォワードの岡崎を応援しているという。滝川第二高校の先輩であるためだ。
第2ラウンドにアンダーパーをマークできたことで、大会連覇ははっきりと視界に入った。
「明日は、全体的には今日のように無理をせず、ただドライバーショットは“曲げたらどうしよう”なんて考えることなく、しっかり振り切ってフェアウェイに打っていきたいですね。第2ラウンドまで、ちょっと考えすぎというか、気にしすぎて思い切りがよくありませんでした。委縮すると、余計に曲がりますものね」。

ゴールに向かって、安田の調子もメンタル面も、明らかに上り調子になっている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約