JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【「ちょっと自分に怒こったらバーディが沢山とれました」と吉田優利】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
ホールアウトしてスコアカード提出所に向かう吉田優利の表情には、どこか吹っ切れた様子がうかがえた。実は、ちょっとモヤモヤを抱えての第2ラウンドだった。「昨日(第1日)の最終ホール(9番パー5)でボールがカップ寸前で止まってしまったんです。打ちきれなかったことが悔しかったのと、それを第2ラウンドに引きずるんじゃないかと心配でした」。
第2ラウンドは、1番ホールからスタートして、1、4番とボギーが先行した。やっぱり…というか、案の定というか。「特に4番でもったいないショートパットを外してしまって“なにを消極的になっているんだ”って自分に腹を立てました。本当は、気持ちを波立たせてはいけないんですけど
、我慢できませんでした」。
続く5番(パー4)。第2打はピンまで169ヤードの距離だった。手にしたのは5番アイアン。「普段は、ちょっと大きいぐらいなんです。それも奥にこぼしたくない状況でしたけど、ピンの根元に止めてやるぞ、という気持ちで攻めました。雨で止まりやすくなっているという感触もつかんでいたので、とにかく積極的にいきました」。結果はピン2メートルにぴたりと寄り、バーディパットもしっかりストロークした。決めた。さらに続く6番(パー5)では、冷静さを取り戻し、練習ラウンドから前日までの2オン狙いではなく、雨で飛距離が落ちる分、第2打では届かないと判断してレイアップ策で連続バーディを奪った。そして、前日悔しい思いをした9番(パー5)もバーディ奪取でリベンジを果たした。

後半にターンしても2バーディ・2ボギー。計5個のバーディで71をマークし、通算イーブンパーとして2位に浮上した。
今年のオフは、海外の試合に多く出場した。USLPGAツアーのオーストラリア女子オープンでは、初めての同ツアー競技参戦でローアマチュアとなった。それよりも、さらに大きなモノを手に入れもした。それは、ドライビングレンジで同ツアーの選手たちと並んでボールを打てたことだった。「たまたま、私の隣の打席にいた選手のスウィングスピードが素晴らしく速かったんです。名前は知りませんでしたが、後で聞いたら世界ランクのトップ10にいる選手だということでした。“あのくらいのスピードで振れないと、世界には出ていけないのか”と、感じさせられました」。
日本に戻ってからは、ドライバーやタオル、スウィングスティックなどを、とにかくビュンビュン速く振る練習を続けたという。「おかげで40m/秒だった自分のヘッドスピードが42m/秒ぐらいまでアップし、ドライバーで10ヤード以上飛ばせるようになりました」。
第3ラウンドからも、安全策だけではなく、攻めるところは勇気をもって攻める。そのメリハリをもったゴルフで戦っていくと語った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約