JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【一時は単独トップに立つも終盤に突き放された政田夢乃は1打差の2位】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Yoshitaka Watanabe
13番ホールまでは互角以上の戦いだった。トップタイで最終ラウンドをスタートした政田夢乃と吉田優利の最終組対決である。前半はともに2バーディで通算7アンダーパーまでスコアを伸ばし並んだままだった。均衡を崩し、政田が単独トップに立ったのは後半に入っての10番(パー3)。さらに12番では吉田がボギーを叩き、政田の2打リードとなった。続く13番で今度は政田がボギーにして、その差は1打に。ここでは、まだ政田はリードしていることも、優勝も意識していなかったという。

何かが、どっと押し寄せてきたのは、残り5ホールとなった14番からだった。吉田の100ヤード以内のショットが冴えわたり、14番からの4ホー
ルで3バーディ。この3ホール全てあわやカップインの10センチで「お先に」で決められた。「並ばれたと思ったら抜かれ、抜かれたと思ったら突き放されていました。本当にあれよあれよ…でした。その中で悔しかったのは15番です。私も2オンで5メートルほどの距離はありましたが、タップインで先にバーディを決められた後、絶対に入れてやる、という強い気持ちでカップを狙ったのですが、読んだラインがちょっとだけずれていて決めきれませんでした。あのパットが決まっていれば、並んだまま最終ホールまでいけたんじゃないかと思います。だから、自分にとっての勝負の分岐点になったのは15番だと思います」。

接戦の中でピンチもあった。そこは、距離のあるパーパットを決めて、うまくしのいできた政田だったが、ちょっと距離のあるバーディパットは沈められなかった。そのことが、勝敗を分けることにつながった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約