2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【日本女子オープンが明日開幕】
大会前 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
畑岡奈紗
ユ ソヨン
2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権が9月27日に千葉県野田市の千葉カントリークラブ・野田コースで開幕する。

指定練習日の26日には、大会史上2人目の3連覇を狙う畑岡奈紗をはじめ、多くの選手が最後の調整を行った。USLPGAツアー参戦2年目の今年、悲願の同ツアー初優勝を果たして凱旋した畑岡は、公式会見に出席。「調子はあまり良いとは言えないが、今できるベストのプレーをしたい。グリーンを外しても、シチュエーションによってランニングアプローチを使って、パーセーブができるようになった」と、この1年での成長が成績に結びついている実感をにじませる。会場の千葉CC・野田コースは、「ラフ
鈴木愛
が広く作られていて、フェアウェイバンカーの手前の芝が刈り込まれていたり…昨年よりコースが狭く感じる」と警戒感を強めるが、「このコースは中学生の時に出場した関東ジュニアでプレーして以来。その時は、自分のハーフベストスコアでした」と好印象は残っている。1968年から4連覇を果たした樋口久子以来の3連覇がかかる本大会の畑岡のチャンレンジは、どうなるか。

その畑岡と第1、第2ラウンドを同組でプレーするのは、ROLEXランキング4位のユ・ソヨン。千葉CC・野田コースは「ラフが深い印象。もっとグリーンは硬く、早くなると思ったけれど、思いの外、柔らかかった。今度のコンディションはわからないけれど、プレーして楽しいコースになると思う」と攻略へのイメージは掴んでいるよう。ディフェンディングチャンピオンの畑岡には、「昨年は序盤に苦しんでいましたが、最終的に素晴らしいパフォーマンスを重ねたのは、練習やトレーニングでの努力の結果だと思う。人間的にも良い子だし、間違いなく日本の次世代のスーパースターになる」と心からの賛辞を送る。それでも、「日本のベストと言われるトーナメントで優勝したい」と、3連覇に立ちふさがる壁となる強い決意をのぞかせた。

ツアー前半戦を引っ張った鈴木愛。怪我の影響もあり欠場が続いた中盤戦を終え、日本女子プロゴルフ選手権で戦線復帰。本選手権には「ピークを合わせたい」と初優勝に闘志を燃やしている。課題としていたティーショットも「やっと安定してきたので、ようやく普通に戦えるかなと思う」と、調子を取り戻してきた。賞金ランキングトップのアン・ソンジュとは約1,100万円、2位の申ジエには約1,000万円差の3位につけている鈴木。本選手権初優勝で2年連続逆転し、2年連続の賞金女王獲得に弾みをつけたいところだ。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約