2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【ユ ソヨンが-7で単独首位。3連覇がかかる畑岡は6打差の17位タイに】
第1日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
ユ ソヨン
高橋彩華
2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権は27日、千葉県野田市の千葉カントリークラブ・野田コースで第1ラウンドを行った。

時折、雨が降るコンディションの中で開幕した本選手権。ユ ソヨンがROLEXランキング4位の技を見せつける7バーディ・ノーボギーの圧巻のプレーで7アンダーパーをマーク。2位タイのフェービー・ヤオと高橋彩華に2打差をつけて単独首位に立った。3打差の4位タイにはイ ナリ、渡邉彩香の2人。さらに1打差の6位タイには2014年大会チャンピオンのテレサ・ルーらがつけている。

史上2人目の大会3連覇を狙う畑岡奈紗は、ボギーが先行する苦しい流れも要所を締める粘りのプ
フェービー・ヤオ
古江彩佳
レーで3バーディ・2ボギーの1アンダーパーでホールアウト。チョン・インジ、宮里美香らとともに首位と6打差の17位タイで第1ラウンドを終えた。活躍が目覚ましいJGAナショナルチームメンバーも奮闘。古江彩佳と西村優菜が2アンダーパーで9位タイと上位につけている。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約