2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【17番の圧巻のショットで踏みとどまった畑岡奈紗】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
まさに畑岡奈紗の真骨頂、本来の姿を見せてくれた後半のゴルフだった。12番のボギーで、2オーバーパーにしたあと、13番でバーディ。さらに17、18番で連続バーディというあがりで、1アンダーパー。首位と6打差。17位タイで第1ラウンドを終えた。圧巻は、17番、197ヤードのパー3だった。3番ハイブリッドで放ったショットは、ピンに絡みつき、カップ左20センチにつけてのバーディだった。

今日のホールロケーションは、ティーインググラウンドからグリーン左奥にピンが切ってあった。直線で結ぶと、そのグリーン手前にバンカーが待ち構えている。ほとんどの選手は、安全策をとってグリーン真ん中を狙う。畑岡は「持ち
球がドロー系なので、当然、逃げずに狙っていきました」とサラリと語った。
でも、スタート前から、12番までの畑岡は、ショットに違和感を感じていたのだ。それは9月中旬のメジャー大会、エビアン選手権あたりから引きずっている違和感だった。
「(5、12番のボギーは)両方共ショットのミスだったので、こういうコースだとやっぱりショットが曲がってしまうと、すぐボギーっていうのがあり得るけれど、(内心)2つまではしょうがないという気持ちはありました」ところが、その2つのボギーのあと、畑岡は覚醒したように本来のショットが甦ってきた。「まだ思い切って振り切れている感じではないですけど、それでも残り3ホールは、特にピンに絡むショットだったので、いい感触になってきたと思います」。

どの部分かといえば、インパクトを意識しすぎて、どうしても余分な力が働いてしまう症状が続いていた。
「インパクトで力が入ると振り抜きたい方向に振り抜けなくて、思ったボールが打てないのが最近続いていたけれど、(13番あたりから)何かきっかけというか、うまく力が抜けて打てるようになりました」ようやく、そんなショットができるようになったという。ここまでくると「ショットよりもパッティングですね。まだ課題が残っているので、もう少し練習して調整していきたいですね。(首位を走るユ ソヨンに関しては)彼女は、いつも安定しているので、(今日のゴルフが)本来の姿だと思います。ですから、(明日から)自分のプレーに徹することで集中していかないといけないな、と思います」と、残り3日間で6打差をどう縮めるか、ここでも勝負強い畑岡の真骨頂を見せて欲しい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約