2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【アマチュアは後藤未有が全体の5位タイでトップ。注目のローアマチュア争いは?】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
後藤未有
吉田優利
通算6アンダーパーにまでスコアを伸ばし、テレサ ルーと並んで5位タイにつけたアマチュアの後藤未有は、スコットランド帰りだ。9月17日から20日まで行われたデューク オブ ヨーク ヤングチャンピオンズトロフィーで日本代表選手として戦ってきた。結果は24位タイだった。「日本では経験できない風と、コース、グリーンの硬さ、ブッシュに自分のゴルフをさせてもらえませんでした。コースに完敗です」

でも、帰国して、いいことがあった。「あのコースを経験したおかげで、日本のコースがやさしく感じられたんです」。それが、通算6アンダーパーの好スコアにつながっているのだろう。

今年は九州女子選手権で2度目の
安田祐香
優勝を果たし、日本女子アマでも7位に食い込んだ。持ち味は粘り強さ。6バーディ・1ボギーという内容の第2ラウンドは、ピンチも何度かあったが、アプローチショットとパッティングでパーセーブし、貯金を増やした。実は、9月29日が18歳の誕生日で、この日は17歳最後のラウンドだった。「67で回れて、いい思い出を作れました」と笑顔を見せる。

昨年はぎりぎりで後半のラウンドに進出したものの、上位でプレーすることはできなかった。「今年は、この位置でプレーできるので、緊張の中での上位争いが楽しみです。ローアマチュアは意識しています。来年は、プロテストに挑戦します。ローアマチュアになれば、最終テストにいけるので、それも、いい励みになります」と意気込む。

アマチュアの2番手には安田祐香が通算2アンダーパーで上がってきた。2日間、ユ ソヨン、畑岡奈紗と同じ組でプレーし、第2ラウンドは69をマークした。「昨日はドライバーショットが曲がりっぱなしでした。今日もスタートの10番で左ラフに曲げて、どうなるのだろうと思いましたが、2番から、突然当たりだしたんです。なぜなのかは、わかりません。何かを意識してやったわけでもないのに、まっすぐに飛び始めたんです。おかげて、次のショットをフェアウェイから打てたので、このスコアにつながりました」。ラウンド後は、ドライビングレンジに足を運んだ。「どうしてまっすぐ飛ぶようになったのか。いくつかのポイントを意識しながらチェックして、確認しておかなければいけません。そうしないと、次にショットが曲がりだしたときに戻れませんから」。


日本女子アマ、日本ジュニアのダブルタイトルを奪取し、本選手権ではローアマチュアを狙っていた吉田優利は、2日目の前半9ホールを終えたところで通算5オーバーパーとスコアを崩していた。そこから後半の9ホールを3バーディ・1ボギーのナイスカムバックで、ぎりぎりではあったが後半のラウンドに駒を進め、残り2日間のプレーに、望みを託した。同一年で日本女子アマ、日本ジュニア、日本女子オープン・ローアマチュアを制した選手は過去にいない。快挙に最後まで挑戦する。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約