2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【5位タイに浮上したテレサ ルーは「優勝した2014年大会に似た状態」】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
5バーディ・2ボギーの69で首位と3打差の5位タイに浮上した2014年大会(琵琶湖CC)チャンピオンのテレサ ルーは「あのときと似た状態」だと言った。調子の良さを示したのかと思えば、その言葉に意味は大きく違った。「調子は、よくありません。でも、私は調子が悪い時の方が、集中できる。

調子がいいと、油断してしまうタイプなので…。それと、あの時みたいにツキもある。ラフに打ち込んでも、今日はそれほど苦労することなく打てるライだったのでグリーンに乗せられたし、バーディもとれた。こういうラッキーなことは、特にメジャー大会では大事な要素になる。崩れるか、伸ばせるかどちらに転がるかで、大きな違いになるか
ら。2014年大会では、いい方に転がってくれた。今日感じたのは、そのことも含めてです」。

そういえば、スタートの10番ホールで、本人がいうツキを証明するシーンがあった。ティーショットを左ラフに曲げ、ピンチを招いたかに見えたが、そこからの第2打は、ピンそばに寄った。「あそこは、ラフの芝生が短かったし、順目だったから、楽に振り抜けた。ラッキーって、いい気持ちにさせてもらえました」。

4ホールあるパー5で、どこまでスコアを稼ぐかがカギといわれる千葉カントリークラブ・野田コースで、テレサの第2ラウンドのバーディは18番の1ホールだけ。これは、現在の彼女の調子が、本人の言葉通りであることを物語っているデータといえる。テレサの場合、その調子とスコアは別ということなのだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約