2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【単独首位浮上のフェービー・ヤオは「最高の天気。だからゴルフが良かった」】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
雨が苦手。「だから昨日のスコアなんです。今日は、最高の天気。だからゴルフが良かったです」というフェービー・ヤオ(チャイニーズ・タイペイ)。第1ラウンドが67。そして秋晴れの今日、第2ラウンドが68。よくよく見れば、苦手な雨のほうが、1ストロークいい。通算9アンダーパーで2位に2打差で首位を走っている。
なんで雨は、苦手なの?と聞くと「だってレインウェア着るでしょう。あれがダメなんです。みんな苦手だと思いますけど、私は、いっぱい苦手」と、軽快に話してくれた。ほんとに苦手なのかどうか。

36ホールを終えて9アンダーパー、絶好調である。「ショットも良かったし、パッティングもよく決まってくれま
した」と流暢な日本語で話してくれた。
確かに、2番でボギーのあと、6番が1メートル。7番が、20センチ。11番が、1.5メートル。15番が1メートル。そして18番も1.5メートル。ショットが冴えている。それにパッティングもきっちりと入れている。
今季は、3月下旬のアクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIに優勝。23試合出場で、平均ストロークも71.3979で10位。リカバリー率が3位など目立ったデータがある。賞金ランキングも、昨年、一昨年の34位、31位から今季は現在までで10位と飛躍的な成績を残している。

それには理由がある。今年1月のシーズンオフに、パーソナルコーチをオーストラリアから、チャイニーズ・タイペイに招いて特訓を受けた。「1週間ぐらいでしたけど、スウィングチェックやコースマネージメントなどいろいろ教わりました。朝から晩までみっちりとレッスンを受けたんです」という。ピーター・ナイトというコーチだった。「技術的には、トップからダウンスウィングに入るときに、いままで手と体がほぼ同時に降りてくる傾向だったのを修正してもらって、ショットが安定してきました。まだまだ波がありますけど、でも、かなりいい方向に向いています」という。それが今季の好調の素地である。
「奈紗ちゃんと一緒に回りたいんですよ。一度も回ったことないので、是非一緒に回りたい。だからがんばれた(笑)。あのショットやマネージメント。折れない心など、実際に感じてみたい。あの体で、きっと私より20ヤードは、飛ばすんだろうなぁ。感じてみたい」とウキウキしている。明日の天気予報は、雨……。彼女は最終組で、念願の畑岡奈紗と同組でプレーする。さて、どんなプレーを見せてくれるのか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約