2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【通算-10で菊地絵理香とユ ソヨンが首位を並走】
第3日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
ユソヨン
2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権は29日、千葉県野田市の千葉カントリークラブ・野田コースで第3ラウンドを行った。秋雨前線の影響で雨が降り続く中で行われたムービングデー。

上位陣のスコアが伸び悩む中、スコアを伸ばしたのは、これまで2度あと一歩のところで戴冠を逃してきた菊地絵理香。首位と4打差の7位タイでスタートした菊地は、6番からの3連続バーディを含む7バーディ・2ボギーの67でホールアウト。通算10アンダーパーで一気に首位を捉えた。菊地とともにトーナメントリーダーに並んだのは、2打差2位タイでティーオフしたユ ソヨン。

ユ ソヨンは厳しいコンディションをものとも
畑岡奈紗
後藤未有(アマチュア)
せず、4バーディ・1ボギーの安定したプレーで3つスコアを伸ばし、菊地とともに首位タイに並び、本選手権初優勝に前進した。首位で第3ラウンドを迎えたフェービー・ヤオは、苦手の雨が影響したのかパープレーと足踏みし、1打差の3位と一歩後退。大会3連覇の期待がかかる畑岡奈紗は、バーディ発進を決めたものの、その後はスコアを伸ばしきれず、通算8アンダーパー、明日の最終ラウンドは、2打差から逆転を狙うこととなった。

ローアマチュア争いは、後藤未有が1つスコアを落としたものの通算5アンダーパーで全体の6位タイ。梶谷翼に5打差をつけている。
なお、明日の最終ラウンドは台風24号接近のため、3人1組で1番ホール、10番ホールから7時25分にスタートすることが決定した。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

JGAナショナルオープンアプリでは、スコア速報のほか選手位置情報などリアルタイムで本選手権の情報をご覧いただけますので、下記より公式アプリをダウンロードしていただき、ご活用ください。
iOSはこちら

Androidはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約