2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【通算-4の8位タイで後藤未有がローアマチュアを獲得。自身に贈った1日遅れのバースデイプレゼント。】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
高校3年生の後藤未有は、来年のプロテストを受け、プロの世界に飛び込んでいく決意を固めている。今大会には、密かに、しかし、しっかりと立てていた計画があった。それは、ローアマチュアになることだった。そうすれば、1次、2次のテストをパスして、いきなりファイナルに挑戦できる。テストにかかる費用も1次からと比べて節約できる。親の負担が少なくなる。

計画は、実現した。願い通りのローアマチュア獲得が決まった。しかし、感想は「よかったです」と、意外なほどそっけなかった。というのも、決定後の後藤の頭の中には、これから目指すべき自分のゴルフのことが押し寄せてきていたからだ。
「第3ラウンド、最終ラウンドと
オーバーパーにしてしまったことが悔しいです。まだまだ自分には沢山の課題があると、この大会で教えられました。それをこれからひとつずつクリアしていかないと、プロになっても、それだけで終わってしまいかねませんから」。冷静に自分に向き合っていた。だから、喜ぶのは一瞬で、すぐに次のステップに思考回路を切り替えた。大会第3ラウンドに18歳の誕生日を迎えた。このローアマチュア獲得は、1日遅れの自分への誕生祝いになったが、思い描くゴールは、ずっと先にある。「しっかりトレーニングして体幹を鍛えてスウィングを安定させること。4日間を戦い抜ける体力を身につけることから取り組みます。今日も、ボールが右に飛び出していくことがありました。体力、スタミナ不足です」

ローアマチュアを獲って、なお課題が頭から離れない様子の後藤であった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約