2018年度(第51回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【3位に終わった菊地絵理香は「全くつけ入る隙がなかった」】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
「まったくつけ入る隙きがありませんでした」と菊地絵理香は、優勝したユ ソヨンのゴルフを語った。3日目を終えて、菊地は、ソヨンと並んで首位に立っていた。相手は、世界ランキングで1位になった実績を持っている。いまでも4位にランクしている。ソヨンのゴルフを考えれば「(最終ラウンドは)ともかくスコアを伸ばすことだけに専念しよう」という意気込みでスタートした。その菊地が、2番でボギーを叩いてしまったのだ。それでもまだまだ先が長い。ソヨンになんとか喰らいついていこうという思いだった。
7番で、バーディが、ようやくきた。けれども、ソヨンは、6、7番と連続バーディを奪った。菊地にもチャンスがなかったわけでは
ない。9番、あるいは11番とチャンスのときに、パーとボギーだった。「つけ入っていかなければならない自分が、スキを見せてしまった」と敗因を語る。

菊地は、この6年間で、日本女子オープンの成績は、2013年から2位タイ。6位タイ。2位タイ。10位タイ。8位タイとベスト10を外したことがない。着実にスキルを伸ばしてきている。その成果は、随所に表れていた。100ヤード以内のショットの精度もそうである。それでも、ソヨンとの差は、5ストローク離されての敗退だった。「今日の自分のゴルフの内容から、冷静に判断すると、ソヨンのゴルフの内容と合わせると5打差以上ついてもおかしくない」というソヨンとの差を、まざまざと感じたという。
何が、足りなかったのか? という意地悪な質問をすると「自分のゴルフに、もっと安定感がなければダメでしたね。どっかで勝ちたいという意識があったのかも知れない。精神的に、敢えて言えば硬さがあったのかも。足りなかった部分が、そのまま勝てなかったということになります」と言った。具体的に言えば、まずはドライバーショットの安定感だった。ソヨンは、フェアウェイを1、2回ほどしか外していなかったのに対して、菊地は、バラツキが多かった。「もちろん100ヤード以内のショットに関しても、まだまだです。総合的に、口惜しいけれど、つけ入る隙きがなかったです。攻め方の余裕も含めて、ソヨンさんは、ショット力もマネージメントもすごかったです」と語った。

でも、と菊地は言った。「また目標が見えてきたし、今日のラウンドは、楽しかったです。勝てないということは、まだ課題がたくさんあるということですし、足りなかった部分が、ほんとうに勝てなかった原因だと思うので、もっともっと技術を上げて、練習するだけかなと思います。いつもこの大会の優勝争いは、苦しい、辛いものでしたけれど、ほんとに楽しかった」と言った。菊地の「楽しい」という気持ちは、最後まで諦めないで、冷静にゲーム運びができたという意味だと思う。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約