2018年度(第83回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【世界基準の「馴染みやすいコース」でアダム・スコットが3打差発進】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
6バーディ・2ボギー。第1ラウンドのアダム・スコットは、実にノーブルで堅実なプレーを見せてくれた。日本オープンは、今年で4度目の出場。「調子も上向きだと思うので、今週チャンスがあれば、是非勝ちたいと思います。ゴルフは、自信を持つことがとても大事。結果が出ない自分を騙し続けるのは難しいことなんです。そういう意味でも、私は、1年間内容が良くなかったのですが、後半に結果が出始めたことが、間違いなく自信に繋がっているし、プレーの内容にも表れていると思います」。

そのステディさは、この日、ティーショットでドライバーを使ったのは、わずかに3ホール(1、8、14番)だけで「今までの日本オープンでは、飛
距離を求めすぎたところがあったので、今回は無理をし過ぎないで、フェアウェイに置くことを重視したプレーを心がけています」と語った。
それは、コースを改造したばかりの横浜CCで、その改修に合わせたゲームマネジメント重視のプレーなのだろう。「本当に素晴らしい設計者(ビル・クーア&ベン・クレンショー)によって、このコースは自分にとっても、いままでよりも馴染みやすいコースだと思っています。プレーの制限もいままでよりも少なくプレーできるコースだと思います」と語っている。馴染みやすいというのは、世界のスタンダート。つまり世界基準のコースという意味合いだろう。
その中で「アイアンが非常に大事になる。グリーン上やグリーン以外にも傾斜があるコースで、グリーンの落とし所によっては、転がり落ちてしまう可能性もありますからね。今日は、フェアウェイもほぼキープできたし、全体的に堅実なゴルフができたと思う。いいスタートが切れています。ただ、終盤の14、17番でのボギーは残念でした」という。

アダム・スコットの泣き所と言われるパッティングでは、今シーズンの後半からどんどん調子を上げてきている。その理由のひとつに、キャディバッグの14本のクラブの中で、通常の長さと長尺シャフトと2本のパターを入れてプレーしていることだ。これはPGAツアーの後半でも見受けられたことだが、自分の泣き所を2本のパターを駆使して脱却しようという作戦だった。
「最初の2ホールで(長尺シャフトのパターで)バーディパットが決まって、このいい感覚のまま、今日はいこうと思いました。明日も2本でラウンドに臨みますが、ホールによっては、通常の(長さの)パターを選択する場面も出てくるかも知れない」と言った。

「明日も、今日のようないいコースコンディションならば、10アンダーパーまでいくことは可能だと思います。それで首位に立てなくとも、週末をいい精神状態で迎えることができる位置にはつけると思う」すでに4日間、72ホールの戦略は出来上がっている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約