2018年度(第83回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【トップタイ宋永漢が描くコース攻略青写真】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
10番ホールからスタートして4バーディ・2ボギーで後半に折り返した宋永漢は、そこから5バーディ・ノーボギーとスコアを伸ばし、トップタイでのホールアウトとなった。宋には、練習ラウンドで把握したコース攻略法があった。
「このコースは、距離の長いパー4と短いパー4ホールが巧みに入り組んでいる。そこで、長いホールは無理をせずにパーを基準にしていく。短いホールでは、積極的にバーディを狙う。そして、パー5ホールでも取りこぼしをしないようにバーディを奪うこと。そうすれば、4アンダーパーのラウンドを計算できる」。

さて、第1ラウンドは、自身が想定したスコアを大きく上回った。前半の2ボギーは通常パー5に
設定されている504ヤードと距離の長いパー4と237ヤードの18番(パー3)だった。2ボギーは、想定内であった。後半の距離の長いパー4は、すべてパーでしのぎ、距離の短いホールは、ことごとくバーディに仕留めた。
「パーを基準にしているホールでボギーになるのは、ある程度仕方がないこと。予定以上だったのはバーディがたくさん獲れたこと。これは、自分の中では貯金と思えるから、第2ラウンドへの余裕が生まれる。油断しないように、また4アンダーパーを目標にプレーしていきたい」。

上場の滑り出しで、宋は、この先、どれほどのスコアをマークしていくのであろうか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約