2018年度(第83回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
toto
Championship Reports
競技報告
【B・ジョーンズの快進撃に攻めの気持ちを強くした藤本佳則】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
10番ホールからのスタート第2組の藤本は、B・ジョーンズの1組前でのラウンドだった。前半の9ホールは3バーディ・1ボギー。悪いペースだとは思っていなかったのだが、スコアボードに目をやると、ジョーンズが突っ走っている。
「あれだけバーディが出るということは、グリーンが柔らかくて止まることを計算に入れてピンを攻めているのだろうな…。自分も、もっと積極的なゴルフに切り替えないと、差を広げられてしまう。そう考えて、後半は、ピンに突っ込んでいきました」。

1番で、計算通りにピンそばにつけた。2番をボギーにしたものの、4番(パー5)でピンまで226ヤードの第2打を3番アイアンで、また突っ込んでいっ
た。3メートルに寄った。この距離を1パットで沈めてのイーグル奪取だった。7番(パー3)は3メートル、9番(パー4)では2メートル。積極策は、イーグル、バーディチャンスにつながり、6アンダーパーまでスコアを伸ばしてのホールアウトとなった。後続のジョーンズが後半足踏みしたこともあり、その差は、1打に縮まっていた。

今シーズンは、一時肩を痛めていた時期があり、十分な練習をこなせなかったという。ここにきて体調が回復し、「ショットもよくなってきている」という状態で迎えた本選手権。「グリーンが乾いてきたら、攻めるばかりではスコアメイクできなくなるでしょうね。その辺りの見極めが大切になると思います」。ホールアウト後の藤本は、冷静に4日間の戦いを見通していた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約